top of page
  • 執筆者の写真Takao Saito

「ライセンス亜種」とウェブ3.0時代の知的財産  ―知的財産法と契約法の交錯の中で―

2024年1月19日

日本弁理士・米国弁護士 

齊藤 尚男

 

 本事務所代表の齊藤尚男が執筆した博士論文「『ライセンス亜種』とウェブ3.0時代の知的財産―知的財産法と契約法の交錯の中で―」が完成しました。京都大学博士課程法学研究科にて、愛知先生のご指導の下、企業内および外部事務所の実務家の目線を通して、長年のライセンス・訴訟実務から生み出した考え方を提示するものです。

 

 本研究は、法学理論的な観点から特許権を積極的な専用権とみるか、単なる禁止権として消極的権利とみるか、という特許権の本質をどう捉えるかという点で、実施権と権利不主張の違い、standstillやdefensive termination、springing licenseといった筆者が「ライセンス亜種」と呼ぶものや「契約による相対化」、「消尽の迂回」等に亘って分析し、オープンイノベーションやAIやIoTに係る新技術ビジネスの現状を踏まえ、データ保護のあり方や特許制度の再構築を提案するというような発展を試みるものです。

 

 2024年4月以降、全文を全6回に分けて京都大学法学論叢に掲載予定(2023年9月に原稿提出済)です。村田財団のAnnual Report No.37 2023に抄録が掲載予定です。


▼抄録のダウンロードはこちらから


「ライセンス亜種」とウェブ3.0時代の知的財産―知的財産法と契約法の交錯の中で―(抄録)
.pdf
Download PDF • 601KB

最新記事

すべて表示

2024 年 1 月 グローバル知財 最新事情 No. 3 英国ロンドン高等裁判所Optis v. Apple事件の概要

2024 年 1 月 グローバル知財 最新事情 No. 3 英国ロンドン高等裁判所Optis v. Apple事件の概要 2024年1月19日 日本弁理士・米国弁護士 齊藤尚男 (1)はじめに 2023年5月10日、ロンドン高等裁判所のMarcus Smith判事によって下された判決 ( [2023] EWHC 1095 (Ch)) にて、OptisがAppleに対して提起していた裁判で、ロン

bottom of page